baserCMSの別環境への移設方法

baserCMSの移設手順

1.一時ファイルを全て削除する

{baserCMSの設置フォルダ}/app/tmp/ フォルダ内の一時ファイルをすべて削除

2.データベース設定の変更

  • {baserCMSの設置フォルダ}/app/Config/database.phpを開き、サーバーの環境にあわせて設定内容を変更()
  • データベースサーバーをご利用の場合は事前にデータベース環境を用意
    //sqliteの場合 13行目など3箇所ある
    'database' => '{サーバーの絶対パス}/{baserCMSの設置フォルダ}/app/db/sqlite/basercms.db',

3.インストール設定の変更

環境に合わせて install.phpの編集が必要。{baserCMSの設置フォルダ}/app/Config/ 内のinstall.phpファイルを環境に合わせて編集。

    //7行目あたり
    Configure::write('BcEnv.siteUrl', 'http://{サイトのURL}/');

4..htaccess の調整

スマートURLの場合は、環境に合わせて .htaccessの編集が必要な場合があります。
{baserCMSの設置フォルダ}/app 、{baserCMSの設置フォルダ}/app/webroot 内の.htaccessファイルを環境に合わせて編集。

http://basercms.net/manuals/2/introductions/6.html

5.ファイルアップロード

FTPソフト等でファイルを全てサーバーにアップロードします。

6.ファイル・フォルダの権限変更

ディレクトリ パーミッション
{baserCMSの設置フォルダ}/app/Config/core.php 606 or 666
{baserCMSの設置フォルダ}/app/tmp 707 or 777
{baserCMSの設置フォルダ}/app/webroot/theme/{テーマ名}/Pages/とその配下のフォルダ全て 707 or 777
{baserCMSの設置フォルダ}/app/webroot/theme/{テーマ名}/Pages/ 配下のファイル全て 606 or 666

SQLite3の場合
{baserCMSの設置フォルダ}/app/db/sqlite/baser.db | 606 or 666

7.ブラウザで動作確認

8.参考サイト

次の記事 前の記事