Webサイトを更新したのに、お客さんから「サイトが更新されてません!」って言われた時、ブラウザがキャッシュを覚えていることが多いです。
そんなキャッシュのトラブルを一瞬で解決できるのが、スーパーリロード(強制再読み込み)です。やり方はとても簡単なので、是非試してみてください。

index

スーパーリロードとは?

通常の更新(リロード)時では、テキストは更新されても一部の画像が更新されない事があります。 スーパーリロードでは、ブラウザのキャッシュを使わずに、webサーバーからファイルをダウンロードしながら、再読み込みをします。スーパーリロードは「強制再読み込み」とも言いいますが、こちらの方が断然イメージしやすいですね。

スーパーリロードの方法

ブラウザごとに少し異なりますが、下記のキーを同時に押してください。

Google Chrome

Windows : Ctrl+F5Shift+F5Ctrl+Shift+R
Mac : command+R

Firefox

Windows :Ctrl+F5
Mac : command+Shift+R

Safari

Mac : command+RShift+更新ボタン

Microsoft Edge

Windows : Ctrl+F5

Internet Explorer(IE)

Windows : Ctrl+F5

スーパーリロードより強力な方法(Chromeのみ)

Chromeにはスーパーリロードより強力な方法として「キャッシュの消去とハード再読み込み」があります。 スーパーリロードでも駄目な場合は下記の方法を試してみてください。

  1. Windowsの場合Chromeを開いた状態でF12を押します。Macの場合はOption+command+Iです。
  2. ①のリロードボタンを右クリックすると②のメニューが表示されるので、「キャッシュの消去とハード再読み込み」をクリックします。

Chrome

【補足】「スーパーリロード」と「キャッシュの消去とハード再読み込み」の違い

スーパーリロードでは直接的に参照している外部ファイルのキャッシュを削除しますが、間接的に参照している外部ファイルのキャッシュを削除できず、キャッシュが利用されてしまいます。
「キャッシュの消去とハード再読み込み」なら外部ファイルのキャッシュも削除できます。例えば、javascriptで動的に参照されたファイルのキャッシュなどが更新されるので、スーパーリロードよりも強力な方法と言えます。

スマホにはスーパーリロードが無いので別の手段を使います

スマホにはスーパーリロードがありません。スマホで簡単にサイトの更新を確認できる方法が無いかと探していたところ、プライベートブラウジングで確認するのが最も手軽な手段であることが分かりました。どのブラウザからでも2クリックでプライベートブラウジングに遷移できるので便利です。

プライベートブラウジングのやり方については、スマホでWebサイトの更新が反映されない場合は、プライベートブラウジングおすすめのページをご覧ください。

最後に

ブラウザのキャッシュのクリアを一度にまとめて行いたい場合は、CCleanerなどのユーティリティソフトがおすすめです。私は仕事上、キャッシュが更新されていないと困るので、定期的にCCleanerを使ってキャッシュをクリアするようにしています。

前の記事 次の記事