エクセルのデータをホームページに載せるのって意外と面倒なんですよね。 Dreamweaverを使ってもできるんですが、今回はもっとお手軽に出来るWEBサービスを 3点紹介します。

1.Excel to HTML

Excelの表をHTMLのテーブルタグに変換。見出し行や見出し列を含む表にするか選択できる。
Excel to HTML

2.Tables Generator

HTML、マークダウン、テキスト、LaTex変換にも対応してる高機能なサービス。
Tables Generator

既存の表からコピーアンドペーストして作る場合、

  1. Excelで表を作成し、コピー。
  2. Tables Generatorで「File」>「Paste table data」をクリック。
  3. 次に、ペースト(Ctrl+V)して「Load」をクリック。
  4. Loadされた表はブラウザ上でそのまま直接編集可能。
  5. 「Generate」をクリックし、好みの保存形式を選択し「Copy to Clipborad」。

3.エクセルシートをHTMLテーブルに変換しちゃう君

エクセルシートをHTMLテーブルに変換しちゃう君

エクセルをHTMLのテーブルに変換するのに必須なサービスです。
テーブル作成に必要な細かな設定ができるのと、余計なタグが表示されないのでWEB製作時にとても重宝します。

最後に

いつも簡単にホームページを更新できないか考えてるんですが、エクセルをHTMLに変換するサービスは必須アイテムですね。

次の記事 前の記事