仕事のメールも、プライベートでもGmailを使っている人は多いんですが、Gmailの一番の魅力は早さと検索のしやすさではないでしょうか。普通にGmailで検索してもいいのですが、コマンドを覚えるともっと便利にGmailが検索できますよ。

Gmailの詳細検索

演算子 解説 使用例・注意事項
from: 送信者を指定
to: 受信者を指定
OR 検索クエリ A または B のいずれか一方に一致するメッセージを検索 OR は大文字で指定します
– (ハイフン) 除外キーワードを指定
filename: 添付ファイルの名前や種類を検索 例:filename:化学の宿題.txt
has:attachment 添付ファイルのみ検索
after:
before:
older:
newer:
特定の期間に送受信されたメッセージを検索 (日付は YYYY / MM / DD 形式を使用)
例:after:2004/04/16 before:2004/04/18
older_than
newer_than
日、月、年に、それぞれd、m、yを使用して、関連する日付を含めて検索 直近 2 日以内に送られたメッセージ
例:newer_than:2d
size: バイト単位で指定したサイズより大きいメッセージを検索 例:size:1000000
サイズが1メガバイト以上のもの

もっと詳しく知りたい方は、Gmailのヘルプを参考にしてください。

補足

Gmailの検索枠右端の▼をクリックすると表示される詳細設定メニューでもいろいろ検索出来るようになってました。こちらもかなり便利ですね。

次の記事 前の記事