2018年7月以降GoogleマップのAPIが有料となり、APIキー取得が必須となりました。Google Maps APIを利用するハードルがかなり高くなり、クライアントにAPIを取得してほしいと依頼しても、ほとんどの場合は取得できないことが多いです。どのgoogleアカウントを使うのか、クレジットカードはどれを使うのかで結論が出なくて、断念されることもあります。何とかアカウントとクレジットの件がクリア出来たとしても、GoogleマップのAPIの登録の段階で上手く行かず、諦めることもあります。

APIの登録については、IT関係に詳しい人ならば何とか設定できるかもしれませんが、普通の人が設定ができるかと言われると正直難しいと思います。
設定画面が分かりにくいのもありますが、設定する項目も多いので、1回の設定でスムーズにいくことはありません。多くの場合は、下記のようにエラーが出てgoogleマップが上手く表示されません。こういう場合はどのようにして原因を特定すればいいのでしょうか?

error

今回はgoogleマップが上手く表示されない場合に、確認すべきポイントについて解説します。
原因がAPIキーがなのか制作上の不備なのかを切り分けていくことから始めましょう。


APIキー発行の不備

Google Maps APIの設定が上手く表示されない原因の多くは、APIキー発行の不備です。 複数のグループを作成している場合は、利用するグループが選択されているか確認することから始めましょう。

APIキーが正しく発行されたか?

chromeの拡張機能で、Google Maps APIのチェックツールがあるので確認してみてください。
Google Maps Platform API Checker

問題無ければ下記のようにSUCCESSと表示されます。

正しく発行されていなければ、もう一度APIキーを登録し直してください。

APIキーの制限

APIキーに制限の設定をしていますか?
下記の3つの設定を行わないと、第三者がAPIキーを悪用したり、別のサイトで間違ってAPIを使ったりすることになるので、このようなトラブルを防ぐためにも、必ずAPIキーに制限の設定を行いましょう。

  • アプリケーションの制限
  • ウェブサイトの制限
  • APIの制限

ではAPIキーの制限を確認したいところですが、APIキーの制限を確認するページの階層が深く、容易にたどり着きません…。
下記の手順でページ遷移して、APIの制限ページへ移動しましょう。

最初にGoogle Maps API 起動用コンソールを起動します。

ダッシュボードが開くので、①で該当するプロジェクトを選択して、②の「APIの概要に移動」をクリックします。

check-01

次の画面で、左メニューの「認証情報」をクリックします。 check-01

認証情報の画面 の APIキーのところに作成したAPIキーがあるのでクリックします。 check-01

ようやくAPIキーの制限の画面にたどり着きました。
ここで3つの設定を確認します。

check-01

アプリケーションの制限
①の「HTTPリファラー(ウェブサイト)」を選択してください。

ウェブサイトの制限

②のところにサイトのURLを入力します。

  • 特定のページのみ利用するならhttps://aaa.com/
  • サイト全体で利用するなら、https://aaa.com/*
  • 複数のサイトを登録することもできます。

APIの制限

check-01

③の「キーを制限」にチェックを入れ、④で利用しているAPIを選択します。

最後に保存ボタンを押してください。
これでAPIキーに制限の設定が完了しました。

請求先アカウントが正しく紐付けされているか

プロジェクトに請求先アカウントが登録されているかを確認したいところですが、APIキーの制限と同様にページの階層が深く、容易にたどり着きません…。

下記の手順でページ遷移して、請求先アカウントのページへ移動しましょう。

最初にGoogle Maps API 起動用コンソールを起動します。

check-01

ダッシュボードが開くので、①で該当するプロジェクトを選択して、お支払いにある②の「請求の詳細を表示」をクリックします。

check-01

次の画面で①の「マイプロジェクト」を選択し、②で請求先アカウントが登録されているかを確認します。

check-01

請求先アカウントの作成、変更が必要なら、Google Cloudのドキュメントにある請求先アカウントの作成、変更、閉鎖を参考にしてください。

制作上の不備

制作側に問題があることは少ないですが、初めてAPIキーの設定を行う場合は、下記のようなトラブルに注意しましょう。

APIキーの記述は正しいか?

APIは下記のような記述になっていますか?
<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key={APIキー}"></script>

APIを使う際のjavascriptの読み込みや記述に誤りは無いか?

javascriptの記述が間違っていて、ブラウザのコンソールにエラー表示は出ていないでしょうか。

【参考】APIキーが正しいかどうかを確認する

そもそもAPIキーが正しくなければ表示されません。
まずは下記のサンプルコードの{APIキー}にAPIキーを入れて、該当サーバーにアップしてみてください。

エラーが表示されたらAPIキーが原因です。

<div id="map"></div>
<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key={APIキー}"></script>
  <script>
function map_canvas() {
    var data = new Array();
    data.push({
        lat: '34.987578', //緯度
        lng: '135.747720', //経度
        content: '京都水族館' //情報ウィンドウ
    });
    var latlng = new google.maps.LatLng(data[0].lat, data[0].lng);
    var opts = {
        zoom: 16,
        center: latlng,
        mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP
    };
    var map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), opts);
     var markers = new Array();
    for (i = 0; i < data.length; i++) {
        markers[i] = new google.maps.Marker({
            position: new google.maps.LatLng(data[i].lat, data[i].lng),
            map: map
        });
        markerInfo(markers[i], data[i].content);
    }
}
function markerInfo(marker, name) {
    new google.maps.InfoWindow({
        content: name
    }).open(marker.getMap(), marker);
}
google.maps.event.addDomListener(window, 'load', map_canvas);
  </script>

【補足】本番サーバーとテストサーバーのURLが違う場合

APIキーの制限をしている場合は、本番サーバーとテストサーバーのURLの両方が表示されるように設定しておきましょう。
またローカルでもgoogleマップが表示されないことにご注意ください。

【補足】制作上のデータに問題が無いことを証明する方法

発行したAPIキーに問題があるのではなく、制作上の不備を疑うクライアントも少なくないので、制作上のデータに問題が無いことを証明する方法として、自分で取得したAPIキーを設定して、正しく表示されることを見せましょう。

【参考】Google Cloud Platform 無料トライアルの終了

Google Maps APIの設定時に起こるエラーではないですが、忘れたころの1年後に表示されるエラーです。

ある日突然、Google Mapsが表示されなくなります。
Google Maps API 起動用コンソールを起動してみると、画面の上部に下記のメッセージが表示されました。

無料トライアルは終了しました。2019年9月13日までにアップグレードすると、トライアル時のデータをそのまま引き継いでGoogle Cloud Platformサービスをご利用いただけます。

調べてみると、Google Cloud Platformの無料枠は12か月間だったのですね…。
業務ででいろいろと使っているので、仕方なく有料モードにアップグレードして(Always Free)[https://cloud.google.com/free/docs/gcp-free-tier?hl=ja#always-free]に切り替えました。

Always Freeでも無料で使える設定があるみたいですが、さすがにGoogle Cloud Platformの詳しいことが分かりません。とりあえず現状のまま使っていますが、今のところ料金は発生していません…。

Always Free の使用制限
https://cloud.google.com/free/docs/gcp-free-tier?_ga=2.214271959.-1188506902.1562205687#always-free-usage-limits

とりあえず使い始めたのはいいですが、Google Cloud Platformの無料枠は12か月間なのですね。Google Cloud Platformの設定がとにかくややこしいので、詳しくない方はGoogle Maps APIは使わない方がいいと思いました…。

どうしてもGoogle Maps APIの設定が上手く表示されない場合

このような面倒なやりとりをクライアントとしなければならないと考えると、クライアントにクレジットカードを登録して、googleアカウントを渡してもらえば、制作会社の方で設定可能です。
ただ、googleアカウントを渡すのを不安に思う方が多く、すんなり渡してもらえることはあまりないです。

どうしてもGoogle Maps APIの設定が上手く表示されない場合は、下記に記載した別の方法で対処してみてください。

インラインフレームで読み込み

google mapをインラインフレームで読み込むだけなら、apiの設定は必要ありません。

マイマップでアイコン等を作成し、インラインフレームで読み込む

google mapのマイマップを利用し、それをインラインフレームで読み込むことも可能です。

代替えのサービス

OpenStreetMapなど他のサービスを利用する

最後に

このようにややこしい手続きをしないとgooglemap apiが使えないので、googleはあまり積極的にgooglemap apiに使ってほしくないのだろうかと思ってしまいます。

前の記事 次の記事