NTTフレッツ光でインターネットの接続をするには、インターネットの工事業者に回線の工事をして、回線終端装置(ONU)※を設置してもらうところまでで、それ以降のプロバイダーの設定は自分で設定を行います。
プロバイダーのマニュアルを見て自分で設定を行いますが、付属のCDで接続設定を行ったり、マニュアルを見て設定を行っても上手くいかないことが多いです。私自身もいろいろ探していたところ、良い方法が見つかりました。

パソコンからルータにアクセスする方法なのですが、この方法はプロバイダーのマニュアルやサイトにはあまり掲載されていません。でも簡単で確実に行える方法です。NTTフレッツ光を使ったプロバイダーならどれでも共通して使えますし、付属のCDや特別な機器は必要ありません。NTTフレッツ光でインターネットの設定が上手くいかない場合は、下記の4つ手順で設定を行ってみてください。

  1. 接続機器の設定
  2. ブラウザでルーターの画面を表示
  3. ルーターの管理画面へのログイン
  4. プロバイダーのアカウントとパスワードを入力

※回線終端装置(ONU):光回線を通ってきた光信号を、PCが認識できるデジタル信号に変換するもの

必要な情報

まず最初に下記の2つのアカウントとパスワードをご用意してください。
このデータが無いとインターネットに接続できません。

  • ルーターの管理画面のアカウントとパスワード
  • プロバイダーのアカウントとパスワード

1.接続機器の設定

ルーターとパソコンをLANケーブルで接続し、接続されたポートが点滅しているかを確認。

2.ブラウザでルーターの画面を表示

ブラウザを起動し、URLに「http://ntt.setup/」または「http://192.168.1.1/」を入力します。

ルーターの設定を変更している場合
通常は上記の方法で表示されますが、会社などでルーターの設定を変更している場合は上記の方法で接続されません。その場合はコマンドプロンプトを使ってルーターの場所を確認する必要があります。

windowsのシステムツールからコマンドプロンプトを開き、ipconfigと入力してください。
デフォルトゲートウェイの値をご確認ください。
この場合は192.168.168.1となります。

3.ルーターの管理画面へのログイン

回線の工事業者が設定しているので、設定書類やメモ書きがあると思います。
そのアカウントとパスワードを使って入力します。

もし設定書類が無い場合は、「user」「admin」などを試してください。 どうしてもログインできない場合は、ルータを初期化することで、パスワードを再設定できます。ルータを初期化についてはNTTルータの初期化をご参考ください。

4.プロバイダーのアカウントとパスワードを入力

接続先の設定画面を開き、プロバイダーの接続ユーザー名パスワードを入力します。
接続先名の入力は決まりがありませんが、基本はプロバイダー名を入力します。

最後に設定ボタンを押すとプロバイダーの設定が完了です。

NTTのレンタル機器ごとに若干の設定が違うので、上記の設定で上手く行かない場合は 下記ページの真ん中より少し下にある「2.下記から該当する「認証機器名」または「品名」を選択して設定します」 より機器を選択して、詳細をご覧ください。

So-net 光の接続設定方法を知りたい

最後に

マニュアル等を見ていると、いろいろと複雑な設定をしてますが、パソコンからルータにアクセスできれば、あとはプロバイダーのアカウントとパスワードを入力するだけなので、とても簡単ですね。 実は先日私もインターネットの設定を行ったんですが、プロバイダーのマニュアルを見ながら設定したら、全然上手く出来なくて困りました…。 もっと早くこの方法を知っておけば良かったと思います。

前の記事