仕事の業務などで、こんなお悩みはありませんか?

  • プリントされた資料を文字データとして残したい
  • FAX で送られてきた資料を文字データにしたい
  • メールに添付で送られてきた PDF ファイルを文字データにしたい
  • 書籍に掲載されている文章の一部を文字データとして残しておきたい
  • ウェブサイトに掲載されている画像の文章を文字データにしたい
  • 手書きの文字を文字データにしたいんだけど可能なのかな

こんな時は手入力していませんか?スキャナーをお持ちの方ならOCR機能が使えるのですが、設定等が面倒で利用していない方も多いのではないでしょうか?

こんな時はスマホのGoogleレンズとGoogleドライブがおすすめです。手軽に簡単にOCR機能が利用できます。 しかもGoogleのAIを使っているので、とても高性能。十分実務で使えるレベルです。

では今回はGoogleレンズとGoogleドキュメントを使ってOCR機能を利用する方法についてご紹介していきます。

目次

  1. 紙の文章を文字データにする方法
  2. 画像の文章を文字データにする方法
  3. 最後に

1.紙の文章を文字データにする方法

紙の文章を文字データにするには、Googleレンズを使います。 Googleレンズは、Androidのスマホだけでなく、iPhoneのGoogle検索からも可能です。

Google レンズを起動する

Google レンズを起動するにはいくつか方法があります

  1. メイン画面のGoogleレンズをクリック
  2. Googleの検索画面から起動する(iphoneの場合)
  3. カメラを起動しモードをレンズにする

スマホの機種やAndroidのバージョンによって違うかもしれませんが、ワンクリックで起動できる(1)の方法がオススメです。

(1)メイン画面のGoogleレンズをクリック

Androidのメイン画面に表示されているGoogleレンズをクリックしてください。

001a

(2)Googleの検索画面から起動する

Androidでもiphoneでも、下記のGoogleの検索画面が表示されていれば、レンズのアイコンをクリックしてください。

001c

(3)カメラを起動しモードをレンズにする

AndroidのカメラからもGoogleレンズが使えます。 最初にカメラを起動します。

001b

次にカメラのモードでレンズをクリックします。 

001d

Google レンズの使い方

Googleレンズをクリックすると下記のようにカメラが起動します。

文字モードを選択し、テキスト化したい文章を撮影します。 文字の部分が認識され、選択された状態になります。

002a

撮影した文章がテキスト化されました。
左下の「すべて選択」をクリックします。

002b

次に左下の「コピー」をクリックすると、保存先が選べる状態になります。
保存先に出てきたとこならどこでも保存できますが、GoogleドキュメントやGoogle Keepに保存しておけば、すぐにパソコンで利用できます。

002c

2.画像の文章を文字データにする方法

Googleドライブを開き、左メニューの「新規」をクリックします。

doc01

「ファイルのアップロード」を選択し、文字データにしたい画像をアップします。

doc01

アップロードされたファイルをgoogleドライブのファイル一覧で確認します。

doc01

該当のファイルを右クリックし、「アプリで開く」、「googleドキュメント」をクリックします。

doc01

しばらく下記のような画面になり、文字データに変換されます。

doc01

変換が終わると、下記のような画面が表示されます。 ページの下部の赤枠欄に文字データが表示されています。

doc01

3.最後に

紙にプリントされた文章や画像の文章を文字データにするなら、Google レンズとGoogleドキュメントの組み合わせが最強だということが、ご理解いただけたでしょうか?是非ともご活用ください。

ちなみに音声入力もGoogleドキュメントが便利です。お持ちのスマホのGoogleドキュメントを開いて、マイクボタンを押して喋るだけです。少し長い文章だなと思ったら、音声入力を試しください。こちらも必須のツールとなること間違いありません。

前の記事