Sublime Text 2に入れておきたいPackageをまとめてみました。
Packageを使いこなせるようになると、ますます作業が捗りますよ。

入れておきたいPackageの一覧

Package 機能
HTML5 HTML の自動補完
CSS Snippets CSS の自動補完
jQuery jQuery の自動補完
Bracket Highlighter タグの開始タグと閉じタグをハイライト表示
SublimeLinter HTML,CSS,JS のエラーをリアルタイムで指摘
AutoFileName 「img+Tabキー」だけでimgタグが展開され、ディレクトリにある画像を相対パスで参照、width 属性と height 属性を自動入力。
Emmet ZenCodingの後継ツール
IMESupport Windows 版で日本語をインライン入力できるようにする
Goto-CSS-Declaration HTMLのclass、ID名にカーソルをあてWindowsキー + .でCSSの同じ単語に一発ジャンプ。
converttoutf8 sublime textでは対応していないshift-jis書式のファイルを扱えるようになります。
LiveReload 更新がリアルタイムにブラウザへ反映させられる
SFTP FTPでのアップロードをSublime Textだけで出来ます。
CSSFormat 様々な整形規則でCSSを整理してくれる。Editの「LP CSS Formatter」より実行する。
CSScomb Shift + control + cでCSSのプロパティを自動整列
※使用するには、PHPのインストールとPHPのWindows 環境変数 Pathの設定が必要です。
Sass、SCSS Sass、SCSSの自動補完。
Compass Compassの自動補完。
sublimerge Ctrl + Alt + dで現在開かれてるファイルとの比較をおこなう。
Ctrl + Alt + ,で左のファイルの差分を右のファイルに、Ctrl + Alt + .で右のファイルの差分を左にファイルにマージします。
Placehold.it Image Tag Generator ダミー画像を簡単に挿入してくれるプラグイン
ZenkakuSpacet 全角スペースをハイライト表示してくれます
EmmetLiveStyle ブラウザとエディタ間のスタイルをリアルタイムで確認・編集ができるツール
ColorPicker [Ctrl] + [Shift] + [C]でカラーピッカーが表示されます

参考にさせていただいたサイト・記事

ST2: Sublime Text 2 Packages for Web Developers.

次の記事 前の記事