初心者向の方がWordPressを他のサーバーへ移転するには、プラグインを使った方法があり、意外と簡単に移行できます。ただプラグインには制約が多く、トラブルも多いので、なかなかスムーズにいかないようです。 今回は、プラグインを使わない方法で確実なWordPressの移転方法について解説していきます。

なお、今回は初心者向けとこうことで、以下の条件で移転することにします。

  • 同一ドメインで移転
  • プラグインを使わない
  • さくらのレンタルサーバへの移転(※他のサーバーでも手順は同じです)

目次

  1. 移行先サーバーの設定
    • ドメインの登録
    • phpのバージョン設定
    • 新規データベースの作成
  2. サーバー移行の準備
    • 移行に必要な情報の確認
    • サイトのデータをダウンロード
    • データベースのエクスポート
  3. データの移行
    • ファイルの移動
    • 設定ファイルの変更
    • データベースの移動
  4. ドメインの切り替え

  5. サイトの表示の確認
    • サイトの表示の確認
    • 管理画面からログイン
  6. 最後に

1. 移行先サーバーの設定

ドメインの登録

利用するドメインをレンタルサーバーのコントロールパネルから登録します。

さくらのレンタルサーバの場合は、下記をご参考ください。
ドメイン設定

phpのバージョン設定

移行元サーバーと移行先サーバーのPHPのバージョンを合わせておきます。
PHPのバージョンが違うとWordPressが正しく表示されないこともあるので、PHPのバージョンは同じものにしてください。

さくらのレンタルサーバの場合は、下記をご参考ください。
PHPのバージョン変更

新規データベースの作成

移行先サーバーのコントロールパネルで新規データベースを作成します。

さくらのレンタルサーバの場合は、下記をご参考ください。
データベースを作成する

なお、この時のデータベースの設定情報は後々必要となるので、メモに残しておいてください。

  • データベース名 : test2
  • データベースのユーザー名 : sample
  • データベースのパスワード : password
  • データベースのホスト名 : mysqlXXX.db.sakura.ne.jp

2. サーバー移行の準備

移行に必要な情報の確認

htmlファイルのみのサイトであれば、サーバー上のファイルをダウンロードして、新しいサーバーにアップロードするだけで移行が完了します。しかしWordPressは、データベースを利用してるので、ファイルデータ + データベースのデータを新しいサーバーへ移行する必要があります。両方のデータがすべて揃っていないと正常に表示されないので、ご注意ください。

なおサーバー移行時に下記の情報が必要となるので、ご確認ください。

  • WordPressの情報
    • 管理者のアカウントとパスワード
    • 管理画面のURL
  • サーバーのコントロールパネル
    • 移行元サーバーのコントロールパネル
    • 移行先サーバーのコントロールパネル
  • FTP情報
    • 移行元サーバーのFTP情報
    • 移行先サーバーのFTP情報
  • ドメイン管理サービスへのログイン情報(お名前.com、ムームードメイン、スタードメインなどのサービスです。)

サイトのデータをダウンロード

FTPソフトなどで、サイトのデータをすべてダウンロードします。

ダウンロードしたデータの中にwp-config.phpというファイルがあります。
この中にWordPressの設定情報が記載されているので、下記の4つの項目をメモしておいてください。
※このデータはデータベースをエクスポートする時に使います。

  • ①データベース名
  • ②データベースのユーザー名
  • ③データベースのパスワード
  • ④データベースのホスト名

wp-config.phpの22行目以降に下記の記載があります。

データベースのエクスポート

データベースのエクスポートには、phpMyAdminというデータベースの管理ツールを使います。
サーバーのコントロールパネルからphpMyAdminを立ち上げて、先ほどの情報を元にログインします。

最初に、左ナビの該当のデータベース名をクリックし、ページ上部の「エクスポート」をクリックします。 phpMyAdmin

次にエクスポート方法から「詳細を」選択します。 phpMyAdmin

出力を「出力ファイルを保存する」にチェックを入れ「zip形式」「gzip形式」のどちらかを選択します。

phpMyAdmin

生成オプションの追加コマンドで「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENTコマンドを追加する」 にチェックを入れ最後に「実行ボタン」を押します。

データがPCのローカルに保存されます。

phpMyAdmin

3. データの移行

ファイルの移動

2でダウンロードしたデータをすべて移行先のサーバーへFTPでアップロードします。

設定ファイルの変更

データベースの接続先の変更を行います。今手元にある設定情報は移行元サイトの設定なので、移行先のサイトの情報に変更する必要があります。 先程作成したデータベースに合わせてwp-config.phpの設定を変更します。

  • データベース名 
  • データベースのユーザー名 
  • データベースのパスワード 
  • データベースのホスト名 
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'test2');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'sample');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysqlXXX.db.sakura.ne.jp');

これでWordPressのサーバーの移行に関する設定は完了です。


データベースの移動

コントロールパネルよりphpMyAdminにログインしてください。

左ナビで該当のデータベース名をクリックし、ページ上部の「インポート」をクリックします。
アップロードファイルに先ほどは作成したエクスポートデータを選択して、最後に「実行」ボタンを押します。

phpMyAdmin

インポートに成功すると、下記のような画面が表示されます。

phpMyAdmin

4. ドメインの切り替え

最後にドメインのネームサーバーを切り替えます。 お使いのドメイン管理サービスへログインし、ネームサーバーを移行先サーバーのサーバーに切り替えます。

さくらのレンタルサーバ

  • プライマリネームサーバー:ns1.dns.ne.jp
  • セカンダリネームサーバー:ns2.dns.ne.jp

5. サイトの表示の確認

早い場合は数分で切り替わりますが、ドメインの切り替えに数時間から最大で24時間かかることがあります。

サイトの表示の確認

サイトの表示が崩れていないか、エラーが表示されていないか、サイト内のリンクは大丈夫か確認してください。

管理画面からログイン

WordPressの管理画面にログインし、記事の投稿、編集。画像のアップロードが問題なく行えるかどうかを確認しておきましょう。

6. 最後に

どうでした?無事にサイトの移転は完了したでしょうか? どうして移転が上手くいかなかったという方には、私の方で対応することも可能です。お気軽にご相談ください。

前の記事