• WordPressのサイト自体を使わなくなったので、サイトをバックアップして残しておきたい。
  • WordPressのサイトが重いので、静的なHTMLにして表示スピードの高速化、セキュリティを強化したい。
  • WordPressでサイトを作ったが、ほとんど更新していない。WordPressが使いにくいのでWordPressをやめてシンプルなHTMLで運用したい。
  • WordPressのテンプレートで作ったランディングページを静的なHTMLにしたい。

このような用途で、WordPressサイトを静的なHTMLにしたいと思っている方のために、簡単に出来るWordPressの静的HTML化の方法をご紹介します。

目次

WordPressをhtml化する上での注意点

WordPressをhtml化する上で、いくつか注意点があります。 以下の点を踏まえてhtml化するかどうかを検討してください。

(1)静的htmlにすると一部のコンテンツが正常に動作しない

下記のようにWordPressで動的に動いているものは動かなくなります。

  • フォームや検索などのプラグイン
  • googleマップなどの地図
  • サーバーで動的に生成・取得して表示させるコンテンツ

(2)別のドメイン、別のディレクトリで利用する場合

プラグインやソフトの設定では基本的に絶対パスルートパスで記載されていることが多く、ドメインやディレクリが異なると動作しなくなる恐れがあります。

静的HTMLに変換する方法

(1)WordPressのプラグインを使って静的HTMLに変換

以前はStaticPress、WP2Staticなどのプラグインがありましたが、2021年1月現在で正常に更新されているのはSimply Staticだけのようです。

Simply Staticの特徴

  • WordPressサイトへのリンクは絶対URL、相対URL(ルートパス)、またはオフラインで使用するように構成されたURLのいずれかに置き換えられる。
  • ルートディレクトリで使う場合は、相対URLが良い
  • エラーがあった場合は、エラー箇所を表示してくれる

(2)フリーソフトで静的HTMLに変換

かつては「Website Explorer」、「WeBoX」などを使っていましたが、しばらく更新されておらず、2021年1月現在の時点でまともにに使えるのはHTTrackというオープンソースのソフトだけです。

HTTrackの特徴

  • WindowとLinuxの両方で使える。
  • Windows 10(64bit)の場合はをダウンロードページにてhttrack_x64-3.49.2.exeをダウンロード。
  • 設定がシンプル。細かい設定は無い
  • 日本語表示可能
  • サイトを相対パスで保存するので、ローカル環境でサイトが見られる
  • エラーがあった場合は、エラー箇所を表示してくれる

まとめ

WordPressを静的HTMLに変換するなら、パスで保存できるHTTrackの方が使い勝手が良さそうです。 細かい設定は出来ませんが、シンプルなサイトであればHTTrackで十分でしょう。

細かい調整など本格的にバックアップする場合は、LinuxのコマンドやPythonでサイトのスクレイピグを行う必要があります。この場合は専門的な知識が必要なのに加え、開発環境を整えたりする作業が必要になるので、手軽にできる作業ではありません。ご興味のある方はネットで検索してみてください。

WordPressを静的HTMLを行ったけど、上手くいかないという方には、私の方で対応することも可能です。
お気軽にご相談ください。

前の記事 次の記事