サイトのSSL化の時に、googleアナリティクスとサーチコンソールの設定についてよく聞かれるので、分かりやすくまとめてみました。

googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスで変更するのは下記の2点です。

  • プロパティの設定
  • ビューの設定

プロパティの設定

Googleアナリティクスを開きます。 左メニューのページ下部にある「管理」をクリックします。

01

次に、プロパティの「プロパティ設定」をクリックします。

01

プロパティ設定の画面が開くので、
デフォルトのURLをhttp://https://に変更し、最後に保存ボタンをクリックしてください。

01

ビューの設定

Googleアナリティクスの管理にて、ビューの「ビュー設定」をクリックします。

01

ビュー設定の画面が開くので、
ウェブサイトのURLをhttp://https://に変更し、最後に保存ボタンをクリックしてください。

01

Googleアナリティクスの設定はこれで完了です。

サーチコンソールの設定

サーチコンソールは設定変更が出来ないので、新たにサイトを追加します。

1.サーチコンソールを開きます。

2.画面左上の「プロパティを検索」内の「プロパティを追加」をクリックします。

01

3.サイトのURLを「URLプレフィックス」へ入力し「続行」をクリックします。

01

なお、「www」の有無や「http://」「https://」の違いに関わらず、一括での登録したい場合、1000ページを超える大規模サイトや複数のURLでそれぞれ集計していたのであれば、「ドメイン」をお選びください。 それ以外は「URLプレフィックス」を選んで頂いて問題ありません。 以前と同様ですが、URLごとに設定が可能です。

01

所有権の確認については、HTMLファイルがオススメです。 1のファイルをダウンロードし、2のアップロード先にアップロードするだけです。

以上でサーチコンソールの設定が完了です。

まとめ

サイトのSSL化の時、サイトのドメイン変更時につい忘れてしまいがちですが、googleアナリティクスとsearch consoleの設定も忘れず行いましょう。

前の記事